ホーム>残留農薬の危険性と無農薬野菜

水耕栽培で作った美味しい野菜通販ならユニ・ファーム

残留農薬の危険性と無農薬野菜

残留農薬の危険性と無農薬野菜

食べ物は体内に直接取り込むものであるため、食材選びに注意している方は多いと思います。
食材選びで気になるポイントの1つに農薬があります。近年では、残留農薬による身体への危険性が問題視されています。
日々の健康を守るためにも、残留農薬の知識を深めることが大切です。

農薬が残る理由とは?

農薬が残る理由とは?

一般的に野菜は完全無農薬のものでない限り、農薬が使用されています。
使用した農薬が野菜の表面などに残った状態を「残留農薬」と言います。
農薬が残る大きな理由として、農薬が完全に消失するまでに時間が掛かってしまうことが挙げられます。

野菜の出荷時にはある程度の農薬が落とされます。しかし、完全に農薬を落とすには時間が掛かるため、実際には農薬が残った状態で出荷されてしまうのです。

残留農薬による体への影響

農薬が残った状態の食材を食べ続けることで、体には様々な影響が現れるようになります。
めまいや吐き気、皮膚のかぶれ、発熱、喉の渇きといった身体的症状が現れた場合、農薬中毒症状の可能性があります。

また、残留農薬の影響は身体面のみならず、精神面にも及ぶことも少なくありません。
特に子どもは残留農薬の影響を受けやすいとされていますので、注意が必要です。

残留農薬による健康被害を防ぐために

残留農薬による体の不調を防ぐためには、きちんと農薬を落とすことが大切です。最も手軽な方法として流水にさらす方法があります。

流水にさらすことによって表面に残った農薬を落とせます。

また、塩水や酢水も農薬を落とす方法として挙げられるため、野菜の種類に適した方法を選ぶようにしましょう。
例えばキャベツなどの葉物野菜の場合、外側に農薬が残っていることが多いため、外側の葉を剥ぎ取ってから洗うことをおすすめします。
栄養価の高い機能野菜や無農薬野菜直送販売サービスなどを利用し、安心して食べられる野菜を探すのも1つの方法です。

 

新鮮な野菜を販売

ユニファームでは、アイスプラントの進化系であるシャインリーフやハーブなどの新鮮な野菜を販売しております。

水耕栽培で育てた完全無農薬野菜を直送にてお届けいたしますので、食材選びにこだわりがある方も安心してお召し上がりいただけます。
直送でおいしい無農薬野菜を購入したいとお考えの際は、ユニファームをご利用ください。