ホーム>ハーブの使い方と活用方法

水耕栽培で作った美味しい野菜通販ならユニ・ファーム

ハーブの使い方と活用方法

ハーブの使い方と活用方法

香りが良く、様々な料理で活躍してくれるハーブですが、保存期間が長くなるにつれて徐々に香りが落ちてしまい、活用方法で悩むことも少なくありません。
こちらでは、ハーブの魅力を活かす方法についてご紹介します。ハーブの使い方にお悩みの際は参考にしてみてください。

葉のみを摘んで使用

葉のみを摘んで使用

ハーブの使用方法の中でも最も一般的なものとして、葉のみ摘んで使用する方法が挙げられます。
ハーブティーを作る際におすすめです。
摘んだ葉はハーブティーだけでなく、肉や魚にまぶすなど食材の香りづけとして使用できます。

葉を摘む際は、手で潰してしまわないようにすることがポイントです。
ハーブは種類によって摘み方が異なりますので、それぞれ適した摘み方を押さえておくことをおすすめします。 

葉と茎をそのまま使用

茎を使用するイメージが少ないハーブですが、葉と茎を分けずにそのまま使用することもできます。
香りが残っているハーブを部屋に飾ることで、アロマのような働きを担ってくれます。

また、素揚げにするとハーブ独特の香りの強さが抑えられ、茎も柔らかくなるため、そのまま食べることも可能です。
微かに香るハーブの素揚げは食欲を引き立ててくれるでしょう。
他にも、塩と混ぜ合わせてハーブソルトを作ることもできますので、ハーブの香りと味を楽しみたいときにピッタリな活用方法です。

葉と茎を刻んで使用

葉と茎を刻んで使用

ハーブを料理に使用するなら、葉と茎を刻むことをおすすめします。刻み方によって料理の印象を変え、細かく刻むことで他の調味料と合わせやすくなります。
すり潰してペーストにしたものはソースとして活用することができるため、イタリア料理にもピッタリです。

市販のオリーブオイルに刻んだハーブを加えるだけで、手軽に香り高いオリーブオイルを作ることができ、サラダドレッシングとして活躍します。

 

無農薬野菜宅配サービスに対応しているユニファームでは、ルッコラやバジルといったハーブを始め、無農薬野菜セットを宅配いたします。

季節を問わずにお楽しみいただける無農薬野菜となっているため、安心・安全にお召し上がりいただけます。おいしい無農薬野菜を直送にてお届けいたしますので、野菜の宅配サービスの利用をお考えの際は、ぜひユニファームでお買い求めください。