ホーム>水耕栽培と土耕栽培の違いについて

水耕栽培で作った美味しい野菜通販ならユニ・ファーム

水耕栽培と土耕栽培の違いについて

水耕栽培と土耕栽培の違いについて

水耕栽培とは、土を使っての栽培方法ではなく、水を使って野菜などを育てる栽培方法です。
世界的に大きな注目を集めているこの栽培方法は、これまで一般的とされてきた土耕栽培とは違うところがあります。

育てる場所の違い

育てる場所の違い

まず、水耕栽培と土耕栽培の大きな違いのひとつとして挙げられるのが、育てる場所の違いです。

土耕栽培では畑を耕して屋外やビニールハウスなどで育てますが、水耕栽培では作物を専用の機器を使って良質な水をあたえ室内で育てます。

室内で育てる水耕栽培は、夏の暑さ・冬の寒さ・台風・霜・晴れ・曇り・雨などの季節や天候の影響を受ける心配がなく、年間を通して同じ品質を安定した出荷量で栽培することができるのです。

 

成長速度の違い

水耕栽培と土耕栽培では、作物の成長スピードも異なります。土耕栽培では作物は土壌を掻き分けて根を張るため、根は土の抵抗を受けます。

これに対して水を使っている水耕栽培は、根が成長するのにかかる抵抗が土よりも少ないため、土耕栽培より速く成長できるのです。

また、水耕栽培では作物に最適な温度・湿度・光・栄養などを維持できるので、作物にかかる様々な負担の軽減が実現するのです。

農薬の有無の違い

成長速度の違い

土耕栽培では、作物の成長を妨げる害虫や病原菌を駆除するために農薬が使われることが効率的で一般的な方法とされてきました。

しかし、水耕栽培では閉鎖された室内で栽培するので、農薬を使う必要がありません。管理された環境での栽培となるため、洗わずに食べられるほど安全性が高いのです。
農薬を使用しない水耕栽培は、安全で栄養価が高い健康な野菜を育てることができます。

 

 

ユニファームでは、水耕栽培で育てたシャインリーフを中心とした野菜を販売しております。
山梨県都留市にある植物工場から直送でお届けいたしますので、水耕栽培で育てられた安心・安全な野菜をお探しでしたら、ぜひユニファームの野菜をお試しください。
完全無農薬の野菜ですので、お子様がいらっしゃるご家庭でも安心してお召し上がりいただけます。