ホーム>水耕栽培で大切な6つの要素

水耕栽培で作った美味しい野菜通販ならユニ・ファーム

水耕栽培で大切な6つの要素

水耕栽培で大切な6つの要素

家庭菜園と言えば土を活用した育て方が一般的ですが、近年は土を使わずに野菜を育てる水耕栽培もあります。
水耕栽培で育てられる野菜として、レタスやアイスプラントなどのリーフ系野菜が挙げられます。
通販などでも水耕栽培のキットが登場し、気軽に楽しめるようになっています。
こちらでは、水耕栽培を行う際に大切な要素をご紹介いたします。

肥料

野菜に必要な栄養素を与えるためには、肥料の量に気をつけることが大切です。
肥料が多過ぎたり少なかったりすると野菜に与える栄養が偏ってしまい、上手く成長することができません。
肥料が多いと感じた際には水で調節し、少ないと感じたら肥料を増やすなど、育てる野菜に適した量を与えるようにしましょう。

水

水はどの植物を育てるためにも重要な役割を担っており、水耕栽培でも大切な存在です。

水耕栽培を行う際に、水道水を活用しようとお考えの方は少なくありません。

しかし、水道水はアルカリ性が強いため、そのままアルカリ性の水を与えると発育が悪くなる可能性があります。
そのため、カルキ抜きやエアレーションで中和してから使用することが大切です。

環境温度

日本には4つの季節があり、それぞれの季節で気温は異なります。
そのため、季節ごとに気温差が生まれますので、季節に合わせて環境温度を調節する必要があります。
植物の成長には環境温度が大きく関わってくるため、育てる野菜の状態に合わせることがポイントです。

光

植物は光合成することによって成長できます。
そのため、光合成に必要な光をあてることが野菜の成長の鍵となります。
光合成といえば太陽光が一般的ですが、LEDや蛍光灯といった光源を活用することで、雨や曇りの日でも野菜を育てることが可能です。

 

二酸化炭素

光合成するためには光だけでなく、二酸化炭素も必要です。
光合成とは、空気中の二酸化炭素と光源を利用して、植物に必要な栄養を生み出す働きです。
このことから、光合成の働きを促すためにも二酸化炭素を供給することが大切です。

酸素

酸素も植物が成長する上で欠かせない要素の1つです。
人間は酸素があることで呼吸を行い、生命を維持しています。
植物も同様に呼吸をしており、根の成長を促すために必要です。
そのため、水耕栽培を行う際は根本に酸素を送るために空気ポンプなどを活用することをおすすめします。

 

ユニファームでは、アイスプラントの進化系と言われているシャインリーフという野菜を通販にてご提供しております。
水耕栽培の無農薬野菜となっているため、お子様がいらっしゃるご家庭でも安心してお召し上がりいただけます。
野菜セットも販売していますので、美味しい野菜をお探しの際はぜひユニファームの通販をご利用ください。