ホーム>家庭で行う水耕栽培の水交換の方法

水耕栽培で作った美味しい野菜通販ならユニ・ファーム

家庭で行う水耕栽培の水交換の方法

家庭で行う水耕栽培の水交換の方法

家庭菜園の方法として土汚れがなく、自宅で簡単に野菜を育てられるという点から近年、水耕栽培が注目を集めるようになりました。
水耕栽培は農薬を必要としないため、安心して食べられる野菜を育てることができます。
こちらでは、水耕栽培を行う際の水交換のポイントについてご紹介します。

定期的な水交換が必要な理由とは?

水耕栽培を行う上で最も大切なことに、定期的な水交換が挙げられます。
水耕栽培では水が土の代わりになるため、水の状態が植物の成長に直接影響します。
水交換を怠ることによって、雑菌が繁殖するおそれもあります。そのため、定期的に交換して綺麗な状態を保つことが大切です。

水交換のポイント

水質の変化に合わせたこまめな水交換

水質の変化に合わせたこまめな水交換

育てる植物によって必要な水分量は異なりますが、水の量が少なければ少ないほど水は腐りやすいです。
また、水の腐り具合によって、ぬめりや濁りが出てくることもあります。水質は時間の経過とともに少しずつ変化しますので、こまめに交換するようにしましょう。

 

 根を水に浸さない

水耕栽培を行う際に植物の根いっぱいに水を浸けてしまう方がいらっしゃいますが、これは誤った方法です。
植物は根も呼吸しているため、根を全て水に浸してしまうと呼吸ができず、枯れてしまうことがあります。
水を入れる際には水の量に注意しながら、全ての根を浸さないことがポイントです。

 

根を傷つけないように注意

根を傷つけないように注意

植物を育てていると根が成長することも珍しくはありません。
水換えを行う時は、植物の根を傷つけないように交換することが重要です。根を傷つけてしまうと栄養素や水が吸収できず、植物の成長を妨げてしまいます。
植物の成長にも関わってきますので、事前に排水しやすい容器を選んでおくと、水換えも行いやすくなります。

ユニファームでは、アイスプラントの進化系とも言われるシャインリーフを通販にてご提供しております。農薬未使用の商品となっているため、お子様から大人までおいしくお召し上がりいただけます。シャインリーフの他に、新鮮な野菜セットや野菜を育てるためのキットも販売しています。

新鮮な野菜をお探しの際はぜひユニファームの通販をご利用ください。